« 『レクイエム 最後の銃弾』(掃毒/White Storm) ラウ・チンワン+ニック・チョン+ルイス・クー | トップページ | 『ポリス・ストーリー/レジェンド』警察故事2013 "Police Story 2013" ジャッキー・チェンの中国戦略? »

2014-08-13

『猿の惑星: 新世紀 ライジング』3D Dawn of the Planet of the Apes (猿は猿を殺さない "Apes Not Kill Apes")

Odoru 1308148

香港では2014年7月17日より公開になった映画『猿の惑星: 新世紀 ライジング』”Dawn of the Planet of the Apes”。香港でもヒットとなったが、内容的にもこれは凄い映画だった。

オリジナル版『猿の惑星』シリーズから、フランチャイズとしては8作目となるが、これはオリジナルの1作目『猿の惑星』(’66)に次ぐ傑作と呼んでいい出来だ。アメリカの評論家が『スター・ウォーズ』シリーズで云えば「帝国の逆襲」だ、と書いていたが、見終わった今それは本当にうなずける。

ハリウッド映画の中には時折、こういった娯楽アクション大作の中に、荘厳なシェイクスピア悲劇を思わせるような深い内容を持った作品があるが、この映画はまさにそれ。人間の欲、恨み、裏切り、弱さ、それらを猿の世界から見せつける。大人の鑑賞に耐える作品であるし、特にインテリ層が騒ぎそうな映画といえる。とにもかくにも面白いのだ。

ウィルスの流行で地球上から絶滅したと思われた人類。この星を牛耳っているのは新世代の猿たちだ。あれから10年、猿のリーダー・シーザーは、森の中で平穏な日々を過ごしていた。だが、ある日自分たちの領域に人間どもが入り込み、猿を銃で撃つという事件が起きる。街には生き残った人間たちが、電力発電のための水力を必要としていたのだ。穏健な人間の代表と、人間の言葉を理解するシーザーの間には「信頼関係」が結ばれたかに見えたが、お互いを憎しみあう勢力の台頭により無意味な戦いに突入してしまう。

猿のリーダー・シーザーの右腕として登場するコバは、人間に〈恨みという感情を植え付けられた猿〉である。猿たちが、そんな感情を持つに至ったのは前作『猿の惑星: 創世記(ジェネシス)』の中で実験用の猿として檻の中に入れられ、いたぶられたからだ。前作で猿が反乱を起こす前の、人間により育てられていたというプロットは、実際に人間が犯した罪を題材にしている。それはドキュメンタリー映画『プロジェクト・ニム / Project Nim』に詳しい。生まれてから人間のように育てられたチンパンジー・ニムは、5歳になったらおっぽり出され、檻に入れられ、あげくは薬の実験道具にされてしまう。そんな猿が人に恨みを持つのは当然のこと。『猿の惑星: 創世記』では人間に対する虐げられた猿たちの反乱を映画後半で描いた。

本作『猿の惑星: 新世紀』では、”Apes Not Kill Apes”(猿は猿を殺さない)が全編を通してのモチーフとなっている。これは前シリーズの『最後の猿の惑星』の中に出てくる台詞”Ape Shall Never Kill Ape”(猿は猿を殺してはならない)を基にしている。『最後の猿の惑星』では、人間と猿の共存というエデンの園のような甘ったるい終わり方になってしまったが、この『猿の惑星: 新世紀』では、その言葉の重みがずっしりと伝わってくる。

この映画はまさに猿が主役。特にシーザーとコバ(トビー・ケベル)の二匹の演技は素晴らしかった。シーザーを演じるアンディ・サーキスは、『ロード・オブ・ザ・リング』ではゴラム、ピーター・ジャクソンの『キング・コング』、そしてわれらが『GODZILLA ゴジラ』も演じたモーション・アクターの名優。今回のシーザーは、立ち姿のたたずまいから貫禄を感じさせる名演技。オスカーの概念からは逸脱しているかも知れないが、主演男優賞をあげてもいいくらい。

愚かな人間たちが、また無謀な戦いをしてしまう。また〈高貴な〉猿も人間のような愚かな失敗を犯す。この身につまされる攻防は成熟した(と自分で思っている)人間たちへの警告と理解しよう。「今年見といたらええで」の一本である。見逃すべからず。

日本では2014年9月19日より公開。

Dawn of the Planet of the Apes (2014)

Odoru 1308142

Directed by Matt Reeves
Cast: Andy Serkis, Jason Clarke, Gary Oldman, Toby Kebbell, Keri Russell, Kodi Smit-McPhee, Kirk Acevedo
Duration: 131 minutes

13-Aug-14-Wed by nobuyasu

B005743LUK 猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-02-22

by G-Tools

« 『レクイエム 最後の銃弾』(掃毒/White Storm) ラウ・チンワン+ニック・チョン+ルイス・クー | トップページ | 『ポリス・ストーリー/レジェンド』警察故事2013 "Police Story 2013" ジャッキー・チェンの中国戦略? »

映画 2014年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214085/60143775

この記事へのトラックバック一覧です: 『猿の惑星: 新世紀 ライジング』3D Dawn of the Planet of the Apes (猿は猿を殺さない "Apes Not Kill Apes"):

« 『レクイエム 最後の銃弾』(掃毒/White Storm) ラウ・チンワン+ニック・チョン+ルイス・クー | トップページ | 『ポリス・ストーリー/レジェンド』警察故事2013 "Police Story 2013" ジャッキー・チェンの中国戦略? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ