« 『グランド・ブタペスト・ホテル』 The Grand Budapest Hotel ウェス・アンダーソン監督の映像美とハイセンスなアートディレクション | トップページ | 『レクイエム 最後の銃弾』(掃毒/White Storm) ラウ・チンワン+ニック・チョン+ルイス・クー »

2014-07-18

『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』北米盤Blu-ray "Godzilla vs. The Sea Monster! - Ebirah Horror of the Deep"

Ebirah Horror of the Deep [Blu-ray]
Ebirah Horror of the Deep [Blu-ray]

5月に映画『GODZILLA ゴジラ』(2014)を観終わってから、ぼくは「ゴジロス」になっちゃって、なんか元気が出なかった。そんなある日、銅鑼湾の歯医者へ行って痛い思いしたので、憂さ晴らしにHMVへ寄ったら、あんとゴジラのBlu-rayが何本かあるじゃないか!思わず大人買いして帰ったオレ(笑)

驚いたのはその価格。この『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』はHKD90(約1,180円)。北米盤なのでこの値段だが、画質は(多少キズもあるが)無問題。本編もノーカット。ただタイトルバックが英語というだけである(音声も日本語、英語吹替が選べる)。

ぼくが初めてこの映画を観たのは、60年代当時、地元の映画館でである。その時に観たものよりこのBlu-rayの方が断然画質がいいと思う(笑)

というのも、ぼくは中国地方の田舎町育ち。ネット世代の若い人たちは知らないだろうが、昔は映画は東京・大阪で最初に公開され、その後、そのプリントが地方都市に下りて来る。ぼくが住んでたような田舎町の映画館へかかるころにはフイルムはボロボロ。画面には雨が降ってるわ(キズで)、場面はブツブツ飛ぶわ、上映途中で止まるわ、が当たり前だったのだ。

この『南海の大決闘』も、東京では12月に公開になったが、ぼくらが観たのは次の年の春休みか、夏休みだったと思う。いつも「少年サンデー」や「少年画報」のグラビアで公開前の映画が特集され「みたいなぁ」と思っても観れない。そんなガマンをしていた小学生時代を思い出す。だからだろうか、朝一番に映画館へ入り、友人たちと夕食の時間ギリギリまで3回観て帰るのが当たり前だったもんな(笑)

そんな(素敵な・笑)環境の中で観たゴジラ映画シリーズだが、その中でも、子供心に「チョー面白かった!」と思えた一本が、この『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』だったのである。

シリーズ第7作となる本作品。もうこの頃になると、ゴジラは既に子供のヒーローになってる。怪獣同士の戦いも、王者ゴジラに他の怪獣が挑むという図式だ。それにコミカルな描写も増え、ゴジラは怖いというイメージはほとんどない。劇中、エビラと一緒に石でキャッチボールしたり、鼻のところを掻いて「幸せだなぁ」のポーズをとる(←これも解説がいるだろうが、若大将シリーズの加山雄三がやって60年代当時流行ってたのだ)。

無断で乗り込んだヨットが、いつの間にか洋上へ出てしまった吉村(宝田明)と若者たち。暴風雨の中、巨大なエビの鋏でヨットは遭難。流れ着いた島には、秘密結社「赤イ竹」の工場があり、インファント島から捉えられた奴隷たちが働かされていた。脱走した島の娘・ダヨ(水野久美)と出会った吉村らは、逃げていた洞窟の中でゴジラが眠っているのを発見する。

怪獣はゴジラの他、モスラ、エビラ、それに怪鳥大コンドルも登場。出演者に、平田昭彦もいるが、今回は「赤イ竹」の隊長という悪役である。インファント島の双子の小美人はザ・ピーナッツではなくペア・バンビ。懐かしかったのは、砂塚秀夫。この人3枚目のバイプレーヤーとして当時よく見ていたから。

笑ったのは、英語のタイトル・バック。音楽の佐藤勝のクレジットが、Mararu Sato になってた。佐藤まらる? 東宝さんもちゃんとチェックした方がよかんべ(笑)

いずれにせよ、童心にかえって楽しみましたとさ。50歳を超えてもまだ面白く見れるというのは、自分が成長してないからか? いやいや、ゴジラ映画の持つ魅力は時代を超えてるのだろう。

さあ『GODZILLA ゴジラ』の日本公開(2014年7月25日)が近づいてきた。ギャレス版”ゴジラ”は日本で大ヒットして欲しい。なぜなら、ゴジラを世界中で一番楽しめる国民は、ゴジラを良く知ってて、一番愛してる日本人しかいないと思うから。ぜひ劇場の大画面で堪能してくだされ!

Godzilla vs. The Sea Monster! - Ebirah - Horror of the Deep (1966)
1080p High Definition / 2.35: 1
Engligh DTS-HD Master Audio mono
Japanese DTS-HD Master Audio mono
88 Minutes

18-Jul-14-Fri by nobuyasu

B00I462XGG Godzilla vs. The Sea Monster ! / Ebirah: Horror of the Deep ! [Blu-ray]
Ebirah Horror of the Deep
Section 23  2014-05-06

by G-Tools

« 『グランド・ブタペスト・ホテル』 The Grand Budapest Hotel ウェス・アンダーソン監督の映像美とハイセンスなアートディレクション | トップページ | 『レクイエム 最後の銃弾』(掃毒/White Storm) ラウ・チンワン+ニック・チョン+ルイス・クー »

映画 1960年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214085/59808024

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』北米盤Blu-ray "Godzilla vs. The Sea Monster! - Ebirah Horror of the Deep":

« 『グランド・ブタペスト・ホテル』 The Grand Budapest Hotel ウェス・アンダーソン監督の映像美とハイセンスなアートディレクション | トップページ | 『レクイエム 最後の銃弾』(掃毒/White Storm) ラウ・チンワン+ニック・チョン+ルイス・クー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ