映画 2012年

2013-02-05

「ジャンゴ 繋がれざる者」Django Unchained クエンティン・タランティーノ × ジェイミー・フォックス/レオナルド・ディカプリオ/クリストフ・ヴァルツ

Odoru 0502132

クエンティン・タランティーノ脚本・監督の新作映画「ジャンゴ 繋がれざる者」"Django Unchained" である。香港では2013年1月17日から公開になった(III指定/18禁)。タランティーノ・ファンであるぼくには待ちわびた映画で、またしてもタランティーノ・ワールドを満喫してきたのであった。

タイトル・バック。「続・荒野の用心棒」('66)のテーマ曲「Django」がかかる。ぼくは、棺桶を引っぱりながらフランコ・ネロが出て来ると錯覚したが(爆)、横長画面に赤い文字で書かれたタイトルに、黒人の姿が映る。背中に無数の傷があり、鎖に繋がれた男たち。そこへドイツ人の歯医者だと名のるドクター・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)が通りかかる。「この奴隷の中にブリットル兄弟を知ってる者はいるか?」数人の中で、一人の黒人が知っているという。彼の名はジャンゴ(ジェイミー・フォックス)。シュルツはジャンゴを買い上げ、売人を撃ち殺す。なぜなら、彼は歯医者とは名ばかりの賞金稼ぎだったのだ。ジャンゴの助けも借り、賞金稼ぎに成功したシュルツは、今後も自分に協力してくれる代わりに、ジャンゴと離ればなれになった妻ブルームフィルダ(ケリー・ワシントン)の救出を約束する。

妻が売られた農場の主キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)は、紳士のように見えるが、じつは”マンディンゴ・ファイト”と呼ばれる、農場の黒人奴隷に殺し合いをさせ、それを見て喜ぶというサディスティックな男。シュルツたちはマンディンゴ・ファイターを探しているフリをして、彼の農場へと侵入していく…。

2時間45分もある長尺だが、まったく飽きさせないそのうまさに感心した。面白い!
アメリカの恥部といえる歴史をつまびらかにし(全て事実ではないにせよ)、エンタテインメントとして見せたタランティーノの手腕は評価されるべきであろう。

まぁ、相変わらずの銃声と共に血と肉片が飛び散る場面の数々。ラスト近くの銃撃戦は、痛みが伝わって来るほどの光景である。これぞタランティーノ版マカロニ・ウェスタンだ。

マカロニ・ウェスタンはご存知の通り、イタリアで作った西部劇のこと(アメリカではスパゲッティ・ウエスタンという)。そのマカロニ・ウェスタンの大ファンであるタランティーノが、本場アメリカでロケして作った西部劇。マカロニ・ウェスタンのプロットは、その殆どが「復讐もの」である。このタランティーノ版は、南北戦争以前の黒人奴隷の復讐劇。

もう劇中「ニガー、ニガー(黒人の蔑称"Nigger")」の大合唱である。こんな単語アメリカ映画で久しぶりに聞いた。かつて70〜80年代頃には、この蔑称が聞こえたこともあったが、現在では聞かれなくなった。70年代初頭の公民権運動の高まりで、映画もブラックスプロイテーションが生まれ、本作にも確実に影響を与えたであろう「マンディンゴ」('75)が製作され、テレビでは「ルーツ/Roots」('77)というアフリカ系黒人奴隷の半生を描いたドラマ・シリーズが、アメリカでも日本でもヒットした。

黒人が本当の意味で市民権を得、差別も(かつてほどは)なくなり、今はアメリカ合衆国の大統領は黒人である。そんな現代にこの蔑称をまき散らすのはある意味勇気がいることと思うが、それはそれ、タランティーノだもの。何でもアリである(笑)。
彼がスゴいのは、それを黒人にも言わせてるところ。 サミュエル・L・ジャクソン扮する農園主キャンディに忠実に仕える黒人スティーヴンは、白人のシュルツとやってきた"黒人"のジャンゴを客扱いすることを毛嫌いする。このジャクソンのメイクアップと、イヤーな感じの召使い役はこの映画の見所の一つ。

レオナルド・ディカプリオも、相当アブナい男を嬉々と演じている。彼は本当に巧い役者だと思うが、ハリウッドでは嫉妬からか、あまり賞らしい賞をもらえないのが不憫である。この役も、他の俳優がこれだけの演技をしたら助演男優賞ものだろう。

クリストフ・ヴァルツはこの映画で、ゴールデングローブ賞助演男優賞を得た。たしかに見事な演技だ。しかしドクター・シュルツ(Dr. Schultz)なんて役名はタランティーノがドラッグ・ストアで名前を考えたに違いない(笑)。彼はドイツ人で、ジャンゴの妻もドイツ系という設定は、タランティーノの前作「イングロリアス・バスターズ」('09)でドイツ人をメタメタにやっつけた贖罪からなのだろうか?なんて(笑)

出演者の中で、前半、バーの主人を演じてるのは製作者のハーヴェイ・ワインスタインじゃなかろうか?よく似てたけど。後半、タランティーノ自身も間抜けな奴隷の運び屋で登場。まーその太った姿(特に下半身)にびつくり。

タランティーノの映画の楽しみの一つに音楽がある。彼は既製のサントラや、ポップスを使うことを常としているが、今回もエンニオ・モリコーネはもちのロン、嬉しかったのは、冬の山で銃の練習をする場面でかかる「怒りの荒野」('67)のサントラ。中学生の頃、TVのゴールデン洋画劇場で観た感動が蘇り、心臓が高鳴ったゼ。
サントラ盤もhmvで購入したが、セリフ入りで、アナログ・レコードの針を置いた時の音や、盤に傷があった時の音などもわざと入れていて、そのこだわりがイイ。

「続・荒野の用心棒」(原題: "Django")の主役ジャンゴを演じたフランク・ネロも登場するのが嬉しい。ちとネタバレだが、楽屋落ちで面白いので彼のセリフを書いておく。

ネロ「名前は?」("What's your name?")
フォックス「ジャンゴ」("Django")
ネロ「綴りは?」("How do you spell")
フォックス「D-J-A-N-G-O。Dは発音しない」("D-J-A-N-G-O. The D is silent")
ネロ「知ってるさ」("I know")

主役のジェイミー・フォックスはかっこいい役どころで、良いのだが、ぼくは彼が捕まって宙吊りにされたシーンのふるちん姿が目に焼き付いて離れない。なんかそこに全部持ってかれた感じ(爆)

てなことで。

日本では2013年3月1日公開。

Django Unchained (2012)

Director : Quentin Tarantino
Cast : Jamie Foxx, Christoph Waltz, Leonardo DiCaprio
Duration : 165 mins

05-Feb-13-Tue by nobu

Django Unchained Django Unchained
Soundtrack

by G-Tools
B00APLO2OY ジャンゴ 繋がれざる者~オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ユニバーサル インターナショナル 2013-02-20

by G-Tools

 

 

2012-12-03

「テッド」"TED" マーク・ウォルバーグ+セス・マクファーレン+ミラ・キュニス

先日東京行キャセイ便で、映画「テッド」"TED"を観た。

Odoru0212122_3

香港でも公開(2012年9月27日)されていたのだが、ぼくは観に行かなかった。ポスターを見ると主演のマーク・ウォルバーグとかわいいテディ・ベアがトイレで連れションしてる。なんというか、その辺のコメディだと思ったからである。あるいは、ビーバーのぬいぐるみと男(メル・ギブソン)の話「それでも愛してる」"The Beaver"のトラウマ(コメディに見せかけて実はシリアスな映画だった)があったからかも。

だが、このコメディ映画は、なんとも下品だが、出来の良い、アメリカの35歳以上のオタク男子の好きそうな作品だったのだ(笑)。

Odoru0212125

友達同士でいじめられてる子にもいじめられる男の子ジョン。彼には友達がいなかった。8歳の時にクリスマスプレゼントでもらったテディベアのぬいぐるみ。夜一緒に寝るとき「本当に話せたらいいのに…」と語りかけたところ、次の朝、ぬいぐるみのTEDは話しだす。それ以来27年もの間、ジョン(マーク・ウォルバーグ)とTED(セス・マクファーレン)は親友として一緒に暮らす。やがてジョンにはウツクしい彼女が出来る。ローリー(ミラ・キュニス)は「TEDと離れられない?」と聞くが、ジョンは「それは無理」と突っぱねる。だが、やがて3人の生活もうまくいかなくなってしまう…。

別々の寝室でも、雷が鳴ると怖がって35歳のジョンとローリーのベッドへ転がり込み卑猥な歌を歌うTED。大人になってからは(TEDも一緒に成長しているので)このぬいぐるみは、水タバコを吸い、ビールを飲み、マリワナもやり、女も抱く不良と化しているのが可笑しい。

Odoru0212127

親友同士の二人は、どこへ行くにも一緒。彼らのお気に入りのヒーローが「フラッシュ・ゴードン」というのがまた笑わせる。1980年製作の「フラッシュ・ゴードン」は「スター・ウォーズ」の大ヒットの後鳴り物入りで映画化された(だって、ディノ・デ・ラウレンティス製作だもん・笑)コミックを原作とした作品。まぁ、正直大味な映画で、60点の大作といえるが(クィーンの主題歌はよかった)、その主役フラッシュを演じたサム・ジョーンズと会う場面も大笑いさせてくれるのだ。

余談だが、当時「フラッシュ・ゴードン」のパロディで「フレッシュ・ゴードン」というのがあった。これはれっきとしたポルノで「こっちの方が出来が良い」と真面目に論評している友人がいたっけ(笑)

Odoru0212129

彼女役のミラ・キュニス(「ブラック・スワン」)は、2012年の"最もセクスィーな女性”にアメリカの雑誌Esquireで選ばれたほどの美女。アメリカのおたくは彼女を見るだけで満足したんじゃなかろうか(俺も含む)。

タイトル・バックの"Everyone Needs A Best Friend"のジャジーな歌声が誰だろう?と思ったら、ノラ・ジョーンズ。後半、本物が登場して「TEDと寝た」というからこれも笑わせる。

セス・マクファーレン監督(TEDの声も)の作品は初めてだが、セス・ローゲンに声が似てて、作風もなんか似てる。現代のアメリカン・コメディは、こういった中年の男が笑って見れる映画がよく作られるように思う。日本でもいつまでたっても少年ジャンプを読むオトナが多いのと一緒なのかも知れないね。

Odoru0212128

前半は、音楽も含め、まるで60年代のホームコメディ。後半は、オタク男子の好きなものいっぱい(下品な言葉も含め)のコメディ。ラストでちょっとほろっとさせ、見終わったらいい気分で帰れる映画である。デートには、うーん、向かないかも知れないが、こんな映画を一緒に観てくれる女子は「素敵だ」とおっさんのぼくは思うのでした。てなことで。

日本では、2013年1月18日より公開。

"TED" (2012)

Directed by Seth MacFalane
Starring Mark Wahlberg, Mila Kunis, Seth MacFalene, Som Jones
Duration 106 mins
03-Dec-12-Mon by nobu
【追記】監督・声のセス・マクファーレンは来年(2013年)のアカデミー賞授賞式の司会を務める。こーゆー品行方正でない人(つまり不良)がやるのは期待が持てそうだ(笑)

2012-11-05

「007 スカイフォール」 SKYFALL サム・メンデス × ダニエル・クレイグ

Odoru 0511122

香港では2012年11月1日より公開となった007の新作「スカイフォール」"007 SKYFALL"。初日に行って来た。
劇場内(AMC Pacific Place)は満員で、会社帰りのイギリス人と思しきビジネスマンも多い。熱気むんむんの中で、4年振りのボンドを(オメガの時計をして・笑)楽しんで来た。

前作「慰めの報酬」(または「カジノ・ロワイヤル・後編」)が「あーぁ」な出来だっただけに、今回は溜飲が下がった。面白い!サム・メンデス監督がやってくれた。クール&ワイルド・ボンドが帰って来た!これはシリーズ中、上位にランクされるであろう出来といえる。

テロ組織に侵入しているNATO工作員の情報が収められているハードディスクが奪われ、MI6も爆破された。ボンドは実行犯を追い、上海、マカオへと飛ぶ…。
タイトルバック前のトルコでのアクションもいいが、えっ?と驚く展開。アデルの主題歌もイイ。

今回は、ボンドと(ビッチの・笑)Mの物語。「ボンド故郷へ帰る」である。

Odoru0511126

「過去に戻ろう(Back in time)」と、「ゴールドフィンガー」('64)等のボンドカー、銀色のアストンマーティンDB5を走らすところは、ボンド・マニアには涙がちょちょぎれるシーンだ。ナンバープレートは「BMT 216A」。GB(英国)のマークもついている。

主演の6代目ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグは、またまたカッコいい。腕にサソリをのせたままウィスキーを飲むシーン、ひげをそるシーン、オートバイ・チェイス、どれもいいんだな。昭和世代のぼくには、スティーヴ・マックイーンを彷彿とさせる男らしさがある。
彼が着ると、トム・フォードの高級スーツも、「男にとっては作業着だ」と思わされる。そういう魅力があるのだ。

悪役のハビエル・バルデムも金髪にして鼻の頭を曲げ(←もともとか!?すまん)狂気を演じる。Mのジュディ・デンチ、初登場のレイフ・ファインズ、アルバート・フィニーなど、英国のベテラン、実力者の揃い踏みも作品に重厚さを与える。

新しいQ(ベン・ウィショー)が若い(笑)。マカオは、え?これどこ?だ(笑)。これで本当にニュー・ボンド・ムービーが始まるという締めくくりも鳥肌が立つほどイイ(なのでガンバレルも最後に来る)。満足感いっぱいの新作ボンド・ムービー。も一回IMAXで観に行こうと思っている。

日本では2012年12月1日より公開。

007 SKYFALL (2012)

Director : Sam Mendes
Cast : Daniel Craig, Javier Bardem, Judi Dench, Ralph Fiennes
Duration : 143 mins

05-Nov-12-Mon by nobu

【追記】IMAXでも観たが、全編IMAXでビツクリ。あの「ダークナイト・ライジング」でもアクションシーンのみIMAXだったのに...。スコットランドの自然がウツクしかった。

 

B006W2FO0G 007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX(007製作50周年記念キーチェーン付) 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-10-19

by G-Tools
B008SES6EM 007 TV放送吹替初収録特別版DVD-BOX【第一期】
キングレコード 2012-11-14

by G-Tools
B009CUS7TA 007/ダニエル・クレイグ・ブルーレイ・コレクション(2枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-11-23

by G-Tools

2012-08-22

「プロメテウス」 Prometheus 3D リドリー・スコット

Odoru2208122

現在日本で絶賛宣伝中の映画「プロメテウス」"Prometheus"である。香港では2012年6月6日から公開となったが、約1ヶ月で終わった。IMAXでもやってはいたのだが、6月29日から「アメイジング・スパイダーマン」がかかったので、その時点で終わっていた。ぼくは3D版でこの作品を観たのだが、正直ちょっとノレなかったかな(苦笑)

日本のTVでの宣伝をロケフリで見てるが、ほんとにあんな宣伝でいいのか?とおもってしまう。人間を作ったのは神でもDNAでもなかったというコピーは、とても荘厳な映画を想像してしまう。だが、これは同じリドリー・スコット監督が撮った映画「エイリアン」('79)の前日譚なんだけどね。

あの傑作「エイリアン」を見た時の驚きを忘れはしない。まだ青年のぼくはイギリスの映画館で公開されたばかりの「エイリアン」を観に行った。何の予備知識もなく行ったのが間違いだった。隣に座ったデンマーク人の友人(女性)がぼくの着ていたセーターを「キャーキャー」悲鳴をあげながら引っぱること引っぱること。丸首のセーターがVネックになってしまうほどの力だったのだ(笑)

お腹から突然エイリアンが飛び出して来たのは本当に驚いたものだ。密閉され、逃げ場のない宇宙船内で船員たちが一人一人食われて行く。あんなホラーは初めてだったし、ハラハラするし、本当に面白いと思ったものである。

その後も「エイリアン」シリーズは観て来たが、最後の「エイリアンVSプレデター」に至っては、「ゴジラ」シリーズみたいになったなと感じ、ちと残念に思っていたのだ。

そこで、もう巨匠と云われるようになったリドリー・スコット監督は、自分が作ったエイリアンをまた再生すべく立ち上がったのかな?と、期待して映画館へ足を運んだのである。

これは出来れば、「エイリアン」('79)を見直してから行った方がいいだろう。あの宇宙船や宇宙人の残骸などが出て来るので、それが何かを知ってみるのとそうでないのでは印象がかなり違うだろうし、意味もよくわからないと思う。題名にもあえて「エイリアン」を謳ってないので、へたすると詐欺だと云われかねないかもね(笑)

2089年。宇宙船プロメテウス号に乗り、人間の紀元は何かを探し求めるチームが行き着いた惑星には、恐ろしい事実がまっていた…。ジャーン!エイリアン登場です。

中盤からは1作目の「エイリアン」のテイストを現代風に味付けしたような展開となる。特に主演のノオミ・ラパスが、カレシと愛し合った後のシーンなどは強烈な場面となる。これは現在妊娠中の女性は絶対に観ない方がいいと思う。

ま、どちらかというとドラマの部分が多いので、クライマックスもイマイチ盛り上がらない。シャーリーズ・セロンは超美しいし、マイケル・ファスベンダーのアンドロイド演技もスゴく巧いんだけどね。

エイリアン・マニアにはとても興味深く感じられる映画だと思う。けど、人間はどこから来たのか?という興味で見に行くと中盤からテイストのあまりの違いに戸惑うかも知れまへんな。

リドリー・スコットのこったから、またDVDやBlu-rayになったら、別エンディングだとか、未公開映像をつけたディレクターズ・カットだとか出してくるのかな?けどこの映画なら俺はもういいです(笑)。

香港の映画館では、エンドロール途中の映像で苦笑してる人もちらほらいたことも書いておきます。けど、エイリアン好きはぜひ劇場で!

日本では2012年8月24日から公開。てなことで。

Prometheus 3D (2012)

Directed by Ridley Scott
Cast: Noomi Rapace, Michael Fassbender, Charlize Theron, Logan Marshall-Green
Duration: 124 mins

22-Aug-12-Wed by nobu

2012-07-26

「ダークナイト ライジング」 "The Dark Knight Rises" クリストファー・ノーラン×クリスチャン・ベール

Odoru2607128

待ちに待ったクリストファー・ノーラン監督の映画「ダークナイト ライジング」"The Dark Knight Rises" である。
香港では2012年7月19日より公開となった。(日本では7月28日より)

ぼくは、世界でもトップクラスのIMAXシアター iSquare の初日に出かけてきた。
5階建てのビルと同じ大きさのスクリーンで観る「ダークナイト ライジング」はド迫力(前作「ダークナイト」よりもIMAXの場面が多かった)。
2時間44分もあっと言う間。満員の劇場では、映画が終わった時に拍手喝采となった。
もうお腹いっぱいの満足感だった。

ハービー・デントが正義の人と崇められ、ダークナイトは闇の中に消えた。あれから8年。ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は隠遁生活を送っていたが、ゴッサム・シティに最強の敵ベイン(トム・ハーディ)が現れる。人々を救うため、ウェインは再びバットマン・スーツを着る決意をする…。

ベインは頭もよくて、本当に強い。身体もプロレスラーみたいにゴツい。今回、ダークナイトは窮地に立たされるが、どん底から這い上がる姿が感動的である。

原題は、"The Dark Knight Rises"であるが、邦題は「ライジング」となった。語呂がいいからそうしたらしいが、この"Rise"という言葉がこの映画のキモなんだけどね。

今回は、キャット・ウーマン(アン・ハサウェイ)も登場するが、彼女がとてもグッドである。
「バットマン リターンズ」のミシェル・ファイファーも良かったが、こっちのアン・ハサウェイもセクシーである。特にバット・ポッドに乗ったときのお尻がいい(苦笑)。

「リターンズ」と「ライジング」では、バットマンとキャットウーマンのセリフ("Come with me")が対になってるのが面白い。

マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマンといったベテランのレギュラー陣も安定した演技を見せる。マリオン・コティヤールも「意外」な役だし、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットも、そうくるか、という役だ。

ベイン役のトム・ハーディも頑張ってるのだが、前作のジョーカー(ヒース・レジャー)があまりに素晴らしかった(映画史上に残る名演)だったので、比較されるとちとツラいものがあるな。

今回ぼくが嬉しかったのは、トム・コンティが出てること。あの「戦場のメリークリスマス」のミスター・ローレンスが、結構重要なセリフを放つ役で出演しているのである。

クリストファー・ノーラン版「バットマン」の最終章だが、いい終わり方である。最後の一撃をかましてダークナイトは去って行ったって感じ。

映画の奥深さは「ダークナイト」の方が暗く深い、なので作品としては「ダークナイト」の方が上と思うが、本作もアクション大作として充分大人の観客の鑑賞に耐えうる逸品となっている。

本年度最高作の一本であることは間違いない。(「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」を観た人は特に)見逃すべからず!

てなことで。

The Dark Knight Rises (2012)

Director : Christopher Nolan
Cast : Christian Bale, Gary Oldman, Tom Hardy
Duration : 164 mins

26-Jul-12-Thu by nobu

B00840I5D2 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダークナイト(2枚組) [Blu-ray]
クリストファー・ノーラン
ワーナー・ホーム・ビデオ  2012-06-27

by G-Tools
B00840I5B4 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】バットマン ビギンズ [Blu-ray]
クリストファー・ノーラン
ワーナー・ホーム・ビデオ  2012-06-27

by G-Tools

 

2012-06-29

「エージェント・マロリー」 HAYWIRE スティーブン・ソダーバーグ × ジーナ・カラーノ

 

Odoru2906125_4

東京行きキャセイ機内で、スティーブン・ソダーバーグ監督の映画「エージェント・マロリー」"Haywire"を観る。

小気味の良いエスピオナージ・スリラーで、派手さはないが痛快なアクション・ムービーだった。終わり方も良いしね。

主演はジーナ・カラーノ(Gina Carano)という美形の女性で、ぼくは見たことなかったが、どうも総合格闘技のスターのようなのだ。どうりで殴る蹴るのアクションがサマになるはずだ。

冒頭、ニューヨーク北部の小さなカフェで、ある男と話してて、突然コーヒーをぶっかけられ格闘となるのだが、なんと飛びつき逆十字を決め腕を折ってしまうのだ。

元海兵隊員のマロリー・ケーン(ジーナ・カラーノ)は、アメリカ政府から秘密諜報部員としてバルセロナへ派遣される。数名のエージェントと任務を終え、帰宅すると次はダブリンへ行けと命じられる。そこで初めて会ったエージェントに、あろうことか殺されそうになる。自身の身を守るため、そして自分を殺害する黒幕は誰かを突き止めるため、彼女は一人闘いを挑む。

他のキャストも、ユアン・マクレガー、マイケル・ファスベンダー、アントニオ・バンデラス、マイケル・ダグラスなどと豪華。

ジーナ・カラーノはスタントも自身でやってるシーンが多くて好感がもてる。だが、がたいが良すぎて、セクシーさが足らないのが難と云えば難。強いオンナがお好きの御人にお薦めである(笑)

日本では2012年9月28日公開。

"You better run"

Haywire (2012)

Directed by Steven Soderbergh
Cast: Gina Carano, Michael Douglas, Michael Fassbender, Ewan McGregor, Antonio Banderas
93 mins

29-Jun-12-Fri by nobu

 

2012-05-29

「アベンジャーズ」Marvel's The Avengers - 3D

Odoru 290512

香港でも2012年4月26日から公開された映画「アベンジャーズ」"The Avengers"であるが、公開から約1ヶ月が過ぎて、上映回数も減って来たのでそろそろ終わりかなと思い、日曜日のモーニングショーで鑑賞してきた。

日曜朝イチの回(09:20)は、値段が安くてありがたいのだが、いつもガキが多くて騒がしい。けど今回は、意外に子供は少なかった。だが、ぼくの隣に座った中国人の観光客らしき家族は、3D映画を見るのが初めてだったらしく、飛び出す映像と大音響に「わーわー」叫んでうるさいったらない。違う意味で騒がしい鑑賞となったのだった(笑)

宇宙からの侵略者と戦うために集められたスーパーヒーローたち。もうあれこれ理屈抜きに楽しめる一編だった。特に後半のニューヨークでの対決は編集の妙もあり、ワクワクする展開。久々に見応えのするコミック・ヒーローものアクション映画だった。

ここに登場するマーベル・コミックのヒーローは、アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、インクレディブル・ハルク(マーク・ラファロ)、マイティ・ソー(クリス・ヘムズワース)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)、ブラックウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)である。

映画版も全部観ているのであるが、年をとって物覚えが悪くなってて、「インクレディブル・ハルク」に至っては、今から4年も前(2008年)に観てるので、ほぼ忘れてしまってて、かつ主役がエドワード・ノートンからマーク・ラファロに交替したものだから、最初誰が出て来たのかわかんなかったよ(苦笑)。

「アイアンマン」('08)「アイアンマン2」('10)「インクレディブル・ハルク」('08)は、劇場公開時に香港で観た。「マイティ・ソー」('11)は昨年夏NY行きの機内で観た。「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」('11)は、2週間前にiTunesからiPad2へDLして、それを47インチのモニターに繋いで観た。マーベル・コミックの映画は、ハズレがないのがスゴい。どれも面白いのだ(この中では、「アイアンマン2」が一番落ちるかな)。

それぞれのキャラを知ってて観ると面白さが増すが、おそらくどの映画も観てなくても、この作品単体で面白く観れるのではないかと思う。要は地球を守るためにスーパーヒーローが一致団結して戦うという単純なプロットである。最初はいがみあうヒーローたちだが、やがて打ち解けて行く。彼らを仕切る司令塔のニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)がいい。会話も面白いし、後半はアクション・シーンが続くので飽きない。

監督・脚本のジョス・ウィードンの作品を初めて観たが、2時間23分の超大作を手堅くまとめてて立派なもの。アメリカのサイトRotten Tomatoesでも93%と高評価なのもうなずける。

アイアンマンは、相変わらずロバート・ダウニー・Jrが絶妙だ。スカーレット・ヨハンセンもセクシー衣装でGooood!。マーク・ラファロのハルクが意外にイイので驚いた。そのハルクは後半(大爆笑の)大活躍であった。

物語は、ま、云ってしまえばマイティ・ソーの兄弟喧嘩なんだけどね。それでニューヨークがめちゃめちゃに壊されるので、迷惑な話である(笑)。だが、エンドクレジットのあとに、(お約束の追加シーンで)まるでティム・バートン版「猿の惑星」のような悪の将軍のシルエットが映るので、まだ続きがあることを臭わせてくれる。

日本では2012年8月17日公開。夏休みにスカッと出来る一本と思う。てなことで。

"Hulk, smash."

The Avengers (2012)

Director : Joss Whedon
Cast : Robert Downey Jr., Chris Evans, Mark Ruffalo, Scarlett Johansson
Duration : 142 mins 

29-May-12-Tue by nobu

B003JDVGK8 アイアンマン [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-05-26

by G-Tools
B003JDVGL2 インクレディブル・ハルク [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-05-26

by G-Tools
B006J0YRCC キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー  ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-02-24

by G-Tools
B005IE6ZIE マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2011-10-21

by G-Tools

2012-04-12

「大追捕/NIGHTFALL(原題)」ニック・チョン / サイモン・ヤム

Odoru 1204122

香港映画「大追捕/NIGHTFALL(原題)」が2012年3月15日から公開になったので行く。

任達華/サイモン・ヤムと張家輝/ニック・チョンが主演のクライム・スリラーと聞き、ぼくは楽しみにしていた。半年くらい前から、劇場で予告編を見ていたのだが、ニック・チョンがともかく身体を鍛えているシーンを映してて、一体どんな映画なのかと期待していたのだ。

20年前、19歳の王(ニック・チョン)は少女殺害の罪で入獄する。冒頭、上半身裸の男たちが刑務所のシャワールームで格闘する場面が"痛い"。4人の屈強な男たちを倒し、ストーカーと化すニック・チョンの強さと怖さ。彼は刑務所内で歯ブラシの柄をノドに突き刺し、声が出なくなってるから余計に怖い。(ニック・チョンは来年の主演男優賞候補かも)

出所しピアノ調律師となった王が、ある日ピアノを演奏している著名な指揮者・徐翰林(王敏德/マイケル・ウォン)の一人娘・徐雪(文詠珊/ジャニス・マン)を見て涙を流す。それ以来彼は、高台の彼女の家が見えるボロ家を借り、望遠レンズと盗聴をしながら、彼女を監視していくのである。

指揮者の死体が見つかり捜査に乗り出す警察。主任刑事・林(任達華/サイモン・ヤム)は、妻に自殺され、思春期のムズカしい年代の一人娘ともギクシャクしている。

やがてその刑事とストーカーが対峙していくのだが、映画中盤のランタオ島にあるロープウェイでの格闘は、ヒッチコックの映画を見ているかのようなスリリングなシーンとなった。このロープウェイは、床がガラス張りになっているのだが、なんとここをピストルでダン、ダンッ!と撃つのだ。

スリラーなので、詳しくは書けないが、この映画は、後半(ぼくのような)娘を持つ男親にはたまらなく切ないストーリーになっていく。まさか、クライム・スリラー・アクション・ムービーを観に行ってこんなに泣かされるとは思わなんだ。監督・脚本の周顯揚/ロイ・チョウの映画を初めて観たが、前半の過激さに比べて、後半はセンチメンタルな映画となっていく。これは好みがわかれるところだが、ぼくは泣かされたのは事実である。オヤジ・涙の一編であったとさ。

大 追捕 NIGHTFALL (2012)

導演: 周顯揚

主演: 張家輝,任達華

108 mins

12-Apr-12-Thu by nobu

 

2012-03-20

2012亞洲電影大獎 6th Asian Film Awards Winners 第6回アジア映画大賞・結果

昨夜(2012年3月19日)行われた、第六屆亞洲電影大獎 "6th Asian Film Awards" (第6回アジア映画大賞・2012)の結果は以下の通り。

アカデミー賞外国映画賞を含む、数々の賞を受賞しているイラン映画「別離/A Separation」がここでも、作品賞はじめ4部門を受賞した。

第六屆亞洲電影大獎 6th Asian Film Awards Winners

Odoru2003124

作品賞 Best Film 「別離/A Separation」(イラン)

監督賞 Best Director アスガル・ファルハーディー 「別離/A Separation」(イラン)

主演男優賞 Best Actor  Donny Damara  「Lovely Man」(インドネシア)

主演女優賞 Best Actress  葉嫻/ディニー・イップ 「桃姐/ A Simple Life」(香港)

新人賞 Best Newcomer 倪妮/Ni Ni 「金陵十三釵/The Flowers of War」(中国)

助演男優賞 Best Supporting Actor  柯宇綸/Lawrence Ko 「翻滾吧!阿信/Jump! Ashin」(台湾)

助演女優賞 Best Supporting Actress  Shamaine Buencamino  「Nino」(フィリピン)

脚本賞 Best Screenwriter  アスガル・ファルハーディー 「別離/A Separation」(イラン)

撮影賞 Best Cinematographer  Jake Pollock, Lai Yiu-fai  「捜査官X/Wu Xia」(香港/中国)

美術賞 Best Production Designer Yee Chung-man, Sun Li  「捜査官X/Wu Xia」(香港/中国)

作曲賞 Best Composer  Chan Kwong-wing, Peter Kam, Chatchal Pongprapaphan  「捜査官X/Wu Xia」(香港/中国)

編集賞 Best Editor  Hayedeh Safiyari 「別離/A Separation」(イラン) 

特殊効果賞 Best Visual Effects  Wook Kim, Josh Cole, Frankie Chung  「龍門飛甲/Flying Swords of Dragon Gate」(中国/香港)

衣装デザイン賞 Best Costume Designer  Yee Chung-man, Lai Hsuan-wu  「龍門飛甲/Flying Swords of Dragon Gate」(中国/香港)

香港題名「武侠/Wu Xia」(邦題「捜査官X」)が3部門受賞と検討。
作品賞の「別離/A Separation」は香港で今上映中なので、タイミングの良い受賞である(香港題名「伊朗式分居(イラン式別居)」)。

日本勢は無冠に終わって、残念ではありました(→ ノミネート・リスト)。

生涯功労賞(Lifetime Achievement Awards)を受賞したアン・ホイ監督。香港で長年活躍している中国人の父と、日本人の母を持つ女性監督である。

主演男優賞のDonny Damaraは、おかまの役で、亞洲電影大獎の番宣で見たが、強く印象に残ったので、(なんとなくだが)受賞も納得がいく。

昨夜、香港の娯楽新聞報道では、主演女優賞の葉嫻/ディニー・イップのインタビューが流れていた。来月の香港映画大賞でも主演女優賞の本命である。作品の「桃姐/ A Simple Life」も名作と評価が高い。

日本から、Gacktが来ていたみたいでちらっと出ていたな。オダギリジョーと香里奈も来てたようだ。授賞式のTV放送は今夜なので、確認してみよう。

てなことで。

オフィシャルHP → 6th Asian Film Awards Winners

第六屆亞洲電影大獎 6th Asian Film Awards (2012)

20-Mar-12-Tue by nobu

2012-03-19

2012亞洲電影大獎 6th Asian Film Awards Nominations 第6回アジア映画大賞・ノミネート


香港時間の本日(2012年3月19日)授賞式が行われる、2012亞洲電影大獎"6th Asian Film Awards"(第6回アジア映画大賞)だが、日本からのノミネート作品を紹介しておこう。

【作品賞】
「一枚のハガキ」(日本)
「別離/A Separation」(イラン)
「金陵十三釵/The Flowers of War」(中国)
「龍門飛甲/Flying Swords of Dragon Gate」(中国/香港)
「賽德克‧巴萊/Warriors of the Rainbow: Seediq Bale」(台湾)
「You Don't Get Life a Second Time」(インド)

【監督賞】
園子温 「恋の罪」(日本)
徐克/ツイ・ハーク 「龍門飛甲/Flying Swords of Dragon Gate」(中国/香港)
張藝謀/チャン・イーモウ 「金陵十三釵/The Flowers of War」(中国)
アスガル・ファルハーディー 「別離/A Separation」(イラン)
魏德聖/Wei Te-Sheng 「賽德克‧巴萊/Warriors of the Rainbow: Seediq Bale」(台湾)
Teddy Soeriaatmadja  「Lovely Man」(インドネシア)

【主演男優賞】
役所広司 「わが母の記」(日本)
陳坤/チェン・クン 「龍門飛甲/Flying Swords of Dragon Gate」(中国/香港)
劉德華/アンディ・ラウ 「桃姐/ A Simple Life」(香港)
Donny Damara  「Lovely Man」(インドネシア)
パク・ヘイル  「War of the Arrows」(韓国)

【助演女優賞】
満島ひかり 「一命」(日本)
桂綸鎂/グイ・ルンメイ 「
龍門飛甲/Flying Swods of Dragon Gate」(中国/香港)
閆妮/ヤン・二  「11 Flowers」(中国/フランス)

Cris Horwang  「Headshot」(タイ)
Shamaine Buencamino  「Nino」(フィリピン)

【新人賞】
前田旺志郎(まえだまえだ) 「奇跡」(日本)
Ko Chen-tung  「You are the Apple of My Eye」(台湾)
Eric Lin Hui-min  「Starry Starry Night」(台湾)
倪妮/Ni Ni 「金陵十三釵/The Flowers of War」(中国)
Gita Novalista 「The Mirror Never Lies」(インドネシア)

【脚本賞】
新藤兼人 「一枚のハガキ」(日本)
アスガル・ファルハーディー 「別離」(イラン)
Liu Heng, Yan Geling  「金陵十三釵/The Flowers of War」(中国)
アラン・マック、フェリックス・チョン「
竊聽風雲2/Overhead 2」(香港)
Chris Martinez 「The Woman in the Septic Tank」(フィリピン)

【作曲賞】
坂本龍一「一命」(日本)
Chan Kwong-wing, Peter Kam 「捜査官X」(中国/香港)
Chen Qigang
「金陵十三釵/The Flowers of War」(中国)
Ricky Ho 「賽德克‧巴萊/Warriors of the Rainbow: Seediq Bale」(台湾)
Rahat Rateh Ali Khan, A R Rahman, Neeraj Shriddhar 「Rockstar」(インド)

【特殊効果賞】
神谷誠 「GANTZ」(日本)
Wook Kim, Josh Cole, Frankie Chung 「龍門飛甲/Flying Swords of Dragon Gate」(中国/香港)
Yung Kwok-Yin, Andy Kang  「捜査官X」(中国/香港)

Ritesh Aggarwal 「Ra.One」(インド)
Xiao Yang, Chang Song, A Law 「Starry Starry Night」(台湾)

【衣装デザイン賞】
天野恭子、江村耕市 「ミロクローゼ」(日本)
William Chang Suk-ping   
 「金陵十三釵/The Flowers of War」(中国)
Yee Chung-man
「龍門飛甲/Flying Swords of Dragon Gate」(中国/香港)
Mok Kwan-kit, Wong Ming-ha  「鴻門宴/White Vengence」
(中国)
Noppadoi Techo  「The Outrage」(タイ)

今年は、「龍門飛甲/Flying Swords of Dragon Gate」(中国/香港)が7部門でノミネート。「賽德克‧巴萊/Warriors of the Rainbow: Seediq Bale」(台湾)と「金陵十三釵/The Flowers of War」(中国)が6部門で追っているという展開。
国別では、日本が7作品でノミネートされており、中国が5作品、香港と台湾が4作品となっている。

さあ、果たして結果はどうなりますか?”まえだまえだ”頑張れ!(笑)

オフィシャルHP → 6th Asian Film Awards

んで、気になる結果は → ココ

【関連記事】
「龍門飛甲/Flying Swords of Dragon Gate」(中国/香港)
「捜査官X」(原題:武侠/Wu Xia)(中国/香港) 

2012亞洲電影大獎 6th Asian Film Awards Nominations

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ