2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon Music Unlimited

無料ブログはココログ

« 「ファミリー・ツリー」 The Descendants ジョージ・クルーニー X アレクサンダー・ペイン | トップページ | フランク・シナトラ / ベスト・オブ・ザ・ベスト [CD] Frank Sinatra / BEST of the BEST »

2012-02-06

「戦火の馬」 WAR HORSE スティーヴン・スピルバーグ

Odoru 0402122

スティーヴン・スピルバーグ監督の新作映画「戦火の馬」"WAR HORSE" が香港でも2012年2月2日より公開になったので行く。
AMEXからもらったタダ券があったのだが、HK$75以上は実費だと云う。この映画、強気のHK$95(約940円)だったので、HK$20を払って席に着いた。

冒頭、イギリスの美しい田園風景の中で一頭の馬が生まれる。それを遠くから見つめる青年アルバート。やがてその馬は競りにかけられ、酔っぱらいの親父が、畑を耕す農耕馬として競り落とす。だが、サラブレッドのような美しい馬に30ギニーも払ってしまい、妻は怒り心頭である。青年は、その馬が我が家に来たことを喜びジョーイと名付けてかわいがる。だが、借金を返せず、農作物も天災でやられ、父親は馬をフランスの戦地へ行く騎兵隊に売ってしまう。ここから、第一次大戦を駆け抜けた一頭の馬の数奇な物語が始まる…。

原作は1982年発表のマイケル・モーバーゴの児童小説。後に舞台化され、それを観た製作者のキャスリーン・ケネディが、映画化権を誰もとってないことに驚き、スピルバーグに話し映画化の運びとなったという。

これは、なので、子供向けの題材(馬と青年の友情話)なのだ。だが、そこはスピルバーグだもの。出来上がった映画は、2時間26分の朗々たる大作になっているのであーる。

スピルバーグの作る戦争を題材にした映画は総じて面白い。「プライベート・ライアン」「シンドラーのリスト」「インディ・ジョーンズ・シリーズ」など。「1941」なんてのもあったが、あれはあれでご愛嬌(笑)。
今回は、初めて第一次大戦を扱っているのだが、その戦闘シーンは、劇場のドルビー7.1サラウンドの大音響で観ると臨場感があってスゴい。スピルバーグは戦争オタクだそうだが、この映画では、戦争で使う武器の変遷が見れるのも面白い。

Odoru 0602126

映画の印象としては、はぐれた少年が戦時中の中国をさまよう「太陽の帝国」の"馬版"という感じ(笑)。それとぼくには、往年のクラシック映画の名場面集を観ているような錯覚を受けてしまったのだった。
名手ヤヌス・カミンスキーの望遠で撮る英国の田園風景は、ジョン・フォードのアイルランドを描いた「静かなる男」や西部劇を思いださせ、途中馬がフランスの少女と出会うシークエンスは、エリザベス・テイラーの「緑園の天使」となる。戦闘シーンは、スタンリー・キューブリックの「突撃」や反戦映画の名作「西部戦線異常なし」。そして、俯瞰で戦場のシーンや傷ついた兵士を捉えたところ、後半の夕焼けなどは「風と共に去りぬ」なのである。

主演のアルバートを演じる、ジェレミー・アーヴァインは無名の新人で、何か気の弱そうな青年役にピッタリ。母親役のエミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリスなど、見たことのある役者さんは少ないのだが、それはこの映画の主役が”馬”だから仕方がないところ。CGも使っているのだろうが、馬の頑張りは拍手ものだ。
中華圏の映画賞でゴールデン・ホース賞(台湾金馬奨/Golden Horse Award)というのがあるが、まさにそれを贈呈したいくらい(笑)。傷だらけで涙物の演技なんである。

英語は、イギリス・デヴォン州のなまりがあるのか、前半は少々ムズカしかった。だが、さすがにスピルバーグだけあって長尺でも飽きずに見せる。隣に座ってた西洋人の中年女性は、映画が終わって涙をぬぐっていた。ぼくは、映画途中で、馬をめぐって戦争をしている敵同士が交流する場面が「ええ話やな」と思った。

今年のアカデミー賞作品賞にノミネートされているが、おそらく「アーティスト」が取るだろう(?)から、この「戦火の馬」は無理であろう。日本では2012年3月2日から公開だが、春休みに子供(特に男子)を連れて行くのにイイ映画だと思う。ディズニーが配給してるだけあって、戦闘シーンも血がドバッと出たりしませんから(笑)。

War Horse (2011)

Director : Steven Spielberg
Cast : Jeremy Irvine, Peter Mullan, Emily Watson
Duration : 146 mins

06-Feb-12-Mon by nobu

« 「ファミリー・ツリー」 The Descendants ジョージ・クルーニー X アレクサンダー・ペイン | トップページ | フランク・シナトラ / ベスト・オブ・ザ・ベスト [CD] Frank Sinatra / BEST of the BEST »

映画 2011年」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214085/53917544

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦火の馬」 WAR HORSE スティーヴン・スピルバーグ:

« 「ファミリー・ツリー」 The Descendants ジョージ・クルーニー X アレクサンダー・ペイン | トップページ | フランク・シナトラ / ベスト・オブ・ザ・ベスト [CD] Frank Sinatra / BEST of the BEST »