« 「私が、生きる肌」LA PIEL QUE HABITO / The Skin I Live In ペドロ・アルモドバル X アントニオ・バンデラス | トップページ | 第18回(SAG)全米映画俳優組合賞 2012 18th Annual Screen Actors Guild Awards »

2012-02-01

「コクリコ坂から」(紅花坂上的海) From Up On Poppy Hill

Odoru 0102122

香港でも春節の2012年1月19日から公開された宮崎吾郎監督の新作ジブリ映画「コクリコ坂から」(広東語名:紅花坂上的海)。旧正月の休日に中二の娘と行って来た。

高度成長期、1963年の横浜を舞台に、高校生の純粋な恋物語が綴られて行く。原作は少女漫画、テイストは往年の日活青春映画。だが、これは大人のオトコが観ても感動できる名品だったのである。

亡き父を想い、海の見える家から、毎日安全旗を掲げる主人公・海(声:長澤まさみ)。それを見てタグボートから返礼する俊(岡田准一)。同じ高校に通いながらも知らないもの同士が、やがて運命の糸で結ばれて行く。新聞部、生徒会、学生集会…。60年当時の高校生たちは、青臭い哲学を語り、大人たちに反抗する強い意志も持っていた。

出会った若い男女は、自分たちの出自に戸惑い、悩む。だが、それでも自分の気持ちに素直に生きようとする。その清々しいこと。そして、父親の船員たちの、その男の友情の素晴らしいこと。絵も美しく、音楽も物語同様テンポよく進む。劇中流れる 坂本九「上を向いて歩こう」の自転車の二人乗りのシーンがいい。二人が肉屋でコロッケを買うのもいい(笑)

当地香港の満員の劇場では、皆大笑いをし、そして静かな感動に包まれていた。映画が終わってエンドロールで一人も席を立たなかったのが何よりの証拠(こんなこと当地で初めての経験だった)。日本人でよかった。そして、もう若くない年齢でこの映画を観てよかったと思った。素敵な逸品である。

Odoru 0102127

と、ここまでは、ぼくが映画を観た当日、facebookに書いたもの。ここからは、もうちっと感想と余談など。

「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」ポッドキャスティング、2011年8月4日の「映画コクリコ坂からの不思議な謎を探る…」で聞いていたのだが、この作品は娯楽映画研究家・佐藤利明さんが語るように、ホント「日活青春映画の新作」のようであった。

海ちゃんは吉永小百合、俊くんは浜田光男ではないか。石坂洋次郎原作の青春映画のそれにとても近い。プロデューサーの鈴木敏夫さんが云うように「基本は『青い山脈』」である。

だからだろう、時代設定だけではなく、我々世代にはとても懐かしい映画になっているのだ。これがぼくがこの映画を気に入った理由の一つである。

海ちゃんのヒロインの話から、このポッドキャストでは、宮崎駿監督の作る映画のヒロインは、モデルは芦川いづみじゃないのか?という話になり、これには思わず膝を叩いた。面白い話である。興味のある方はぜひ聞いてみてほしい(→ 鈴木敏夫のジブリ汗まみれ Podcast)。

一緒に行った中二の娘は、日本公開時おばあちゃんと横浜で観ていて、2度目の鑑賞だったのだが、「今回の方が感動した」と話していた。香港の観客はよく笑う。 日本ではみんな真面目に見てて笑い声がなかったのだと。ぼくはラスト近くで涙がこぼれた。正直、こんなにイイと思ってなかった。

今になって思うと、坂本九の「上を向いて歩こう」は、明日を感じることの出来る時代の応援歌だった。カルチェラタン(英語ではLatin Quarter)存続のために、高校生の男女が立ち上がる。あの当時の若者たちが持っていただろうバイタリティを、日本人はどこに忘れてきてしまったのだろうか。東京から横浜へ戻る電車の窓から見える高度経済成長の足踏み。それを見つめる海の顔(ここは名シーンだ)。これは現代に生きる日本人へのエールである。

企画・脚本の宮崎駿さんが、2011年3月11日の大震災17日後に行ったこの映画の製作記者会見で、涙ながらに語った「この映画が(被災された)多くの人たちに何かの支えになってくれたらと思っています」という強い思い。それを充分感じることの出来る映画だった。宮崎吾郎監督の今後に期待している。

「コクリコ坂から」(紅花坂上的海)香港版予告編

From Up On Poppy Hill (Japanese Version) (2011)

Directed by Goro Miyazaki
Starring Masami Nagasawa, Junichi Okada, Keiko Takeshita, Yuriko Ishida
Duration 95 mins

01-Feb-12-Wed by nobu

 

« 「私が、生きる肌」LA PIEL QUE HABITO / The Skin I Live In ペドロ・アルモドバル X アントニオ・バンデラス | トップページ | 第18回(SAG)全米映画俳優組合賞 2012 18th Annual Screen Actors Guild Awards »

映画 2011年」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214085/53877889

この記事へのトラックバック一覧です: 「コクリコ坂から」(紅花坂上的海) From Up On Poppy Hill:

« 「私が、生きる肌」LA PIEL QUE HABITO / The Skin I Live In ペドロ・アルモドバル X アントニオ・バンデラス | トップページ | 第18回(SAG)全米映画俳優組合賞 2012 18th Annual Screen Actors Guild Awards »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ