2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon Music Unlimited

無料ブログはココログ

« "スター・ウォーズ 3Dメガネ" を買ったのだ Star Wars Episode I: The Phantom Menace 3D glasses | トップページ | 「私が、生きる肌」LA PIEL QUE HABITO / The Skin I Live In ペドロ・アルモドバル X アントニオ・バンデラス »

2012-01-23

第69回ゴールデン・グローブ賞授賞式 The 69th Annual Golden Globe Awards 2012

香港でも今年(2012年)のゴールデン・グローブ賞授賞式"The 69th Annual Golden Globe Awards"が生中継(1月16日)されたので録画して観た。
例年放送しているチャンネルが、StarWorldだったのだが、今年からFoxMoviesPremiumに変更になってるのを知らなくてあたふたした。授賞式前のレッドカーペットから4時間以上のライブであった。

司会は去年に続いて、リッキー・ジャーヴェイス。昨年、シニカルなジョークで多くのセレブたちの怒りを買ったので、今年の起用はないだろうと思っていたが、なんとまたやると云う。で、そのことをネタに今年の授賞式は始まった。登場した後、「心配するなよ、あなたのことはネタにしないから」と笑わせる。「主催者から、禁止事項を書いた手紙をもらいました。1)冒涜禁止。これはボキャブラリーが豊富だから大丈夫。2)ヌード禁止。これは残念、自分はなかなかのものを… 。小さいけど使い物になるし……。」と下ネタの後、「メル・ギブソンのネタ禁止。特に誰も見てないジョディ・フォスター監督の『ザ・ビーバー』の話題禁止」と云うと、ジョディ・フォスターが両手の親指を立てる映像が映る。

最初のプレゼンター、ジョニー・デップが出て来た時には、昨年酷評を受けたが、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた「ツーリスト」を 「もう観た?」と聞いて、ジョニーに「まだ」と(無理に)云わせていた(笑)。

授賞式で、印象に残ったシーンをあげていこう。

外国語映画賞のプレゼンターでマドンナを紹介する時、ジャーヴェイスは「ポップの女王です。エルトン、あなたじゃありません、本物の女性です」とエルトン・ジョン夫婦(男性同士)に向かって云った。たぶん、英国人同士で仲が良いから言ったのだと思うが、最優秀主題歌賞もマドンナが受賞して、エルトンの”夫”は怒り心頭だったという。

そのマドンナも、「今も処女みたいな(Like a Virgin)マドンナです」と紹介され、「なら、なんかしてくれる?ジャーヴェイス?」と云ってちょっと失笑かってた(笑)。まぁ、あんな筋肉のついた二の腕を見たらもうそんな気になる男は少ないかもしんないね(笑)。

映画部門の助演男優賞は、ベテランのクリストファー・プラマー(「人生はビギナーズ」)が受賞してよかったと思う。助演女優賞は、「ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜」のオクタビア・スペンサーに。彼女ほんとに巧かったから、涙の受賞も当然だろう。

セシル・B・デミル賞受賞のモーガン・フリーマン。プレゼンターのシドニー・ポワチエ登場に、スタンディング・オベーション。フリーマンは「この賞を、私はポワチエ賞と呼ぶことにする」とスピーチした。

ドラマ部門の主演女優賞は、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」のメリル・ストリープだったが(何回もらうねん・笑)、メガネを忘れて、シットと云ってしまうハプニングが。そのメガネをジョージ・クルーニーからデヴィッド・フィンチャーが渡そうとするところも映っていた。
その主演女優賞の候補者を紹介するときの、「ドラゴン・タトゥーの女」ことルーニー・マーラのキレイなこと。キレイなこと。

ドラマ部門の主演男優賞は、「ファミリー・ツリー」のジョージ・クルーニーに(最優秀作品賞も)。仲間のブラピなどノミネートされたアクターに敬意を表したが、マイケル・ファスベンダーのことは、「手を後ろにしてゴルフ・スイングが出来る男」とアソコの大きさに敬意を表していた(笑)。

今年は、ミュージカル・コメディ部門で、作品賞、主演男優賞などを受賞した「アーティスト」が一番印象に残った。
主演のジャン・デュジャルダンは、「ぼくは長年映像に向いてない顔だと言われていた。起用してくれてありがとう」と云い、無声映画らしく口パクで締めくくり、最後タップで一踊りしてみせた。
作品賞受賞の際、プロデューサーは「1965年にフランスである短編が作られました。だがそれは資金不足でハリウッドで製作出来ませんでした。それは私の父が作った短編でした。今回その作品を製作出来、受賞出来たことを誇りに思います」と。良いスピーチだった。それから壇上に上がった(映画に出演した)ワンちゃんもかわいかった。

あとは、最優秀脚本賞に「ミッドナイト・イン・パリ」のウディ・アレンが、最優秀監督賞に「ヒューゴの不思議な発明」のマーティン・スコセッシが受賞したのが個人的に嬉しかった。

ジャーヴェイスの司会は、今年は少しおとなしめだった。69回目だから期待したのにな(←なにをじゃ?・笑)

てなことで。

ゴールデン・グローブ賞 オフィシャル・サイト → Golden Globe Awards Official Web Site

The 69th Annual Golden Globe Awards (2012)

23-Jan-11-Sun by nobu

 

« "スター・ウォーズ 3Dメガネ" を買ったのだ Star Wars Episode I: The Phantom Menace 3D glasses | トップページ | 「私が、生きる肌」LA PIEL QUE HABITO / The Skin I Live In ペドロ・アルモドバル X アントニオ・バンデラス »

映画 2012年」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "スター・ウォーズ 3Dメガネ" を買ったのだ Star Wars Episode I: The Phantom Menace 3D glasses | トップページ | 「私が、生きる肌」LA PIEL QUE HABITO / The Skin I Live In ペドロ・アルモドバル X アントニオ・バンデラス »