2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon Music Unlimited

無料ブログはココログ

« 「關雲長 The Lost Bladesman (原題)」 ドニー・イェン / チアン・ウェン | トップページ | 「ランゴ」 RANGO ジョニー・デップ »

2011-05-26

「密告者」 綫人 The Stool Pigeon ニック・チョン / ニコラス・ツェー

Odoru2605118

ダンテ・ラム/林超賢監督の映画「密告者」 綫人 / The Stool Pigeon を Star Chinese Movies で観た。
香港映画が得意としている(?)警察が情報屋を使うクライムサスペンスだが、これは中々の出来だったのだ。

九龍サイドの刑事リー(ニック・チョン/張家輝)は、犯罪組織内部にもぐり込ませた密告者を使って捜査を続けていたが、ある事件で自分のミスからその密告者に重傷を負わせてしまう。それ以来、彼は密告者を使うことを躊躇し始めるが、警察上層部から大掛かりな宝石強盗グループに密告者を送り込むことを指示される。暴走族あがりのゴースト(ニコラス・ツェー/謝霆鋒)に話を持ちかけると、自分の父親の100万ドルの借金と、売春宿に売られた妹を助けたいために彼はその仕事を受ける。そしてゴーストは強盗団の中に潜伏し、リー刑事に情報を送るのだが…。

宝石強盗グループの中には、冷酷なボスのオンナ(グイ・ルンメイ/桂綸鎂)がいる。彼女もつらい過去を背負い、ゴーストといつしか気持ちが触れ合うようになる。そこから、ゴーストも彼女のために行動し始めるところが切ない。

刑事のリーも、妻との間に消えない傷をかかえる。これは男たちのそんなセンチな部分も見せるクライム映画。

ゴーストを演じたニコラス・ツェーがイイ。寡黙で、心に秘めた感情をグッとこらえて行動する男。主人公は刑事役のニック・チェンなのだが、密告者役の彼の方が光っていた。今年(2011年)香港電影金像獎(Hong Kong Film Awards)の最優秀主演男優賞を受賞したのもうなずける。

中国から来たハスっぱなオンナ役のグイ・ルンメイもナイスなキャスティングだ。

ダンテ・ラム監督は、ラストの廃墟となった学校でのアクション・シーンまで、ワンカット、ワンカット丁寧に繋いで行き、この映画をレベルの高い作品に仕上げている。

ニコラス・ツェーは、香港電影金像獎の主演男優賞を受賞した時のスピーチで、妻への感謝の言葉と共に「今日はいつもよりキレイだよ」と舞台から声をかけた。妻のセシリア・チャンは会場で号泣していた。彼女は、2008年に起きたエディソン・チャンのわいせつ画像流出事件で被害を受け、その後あまり見かけなくなっていた。その間も、夫のニコラスは深い愛を注いでいたのだろう。そのことがセシリアの涙でよくわかった。えらいぞ、ニコラス!お前は男だ!とTV画面に声をかけたオレであったとさ。

日本では昨年(2010年)11月の東京フィルメックスで上映されたという。公開はないのかな?

【追記】
3月にはあんなに仲睦まじかったニコラス・ツェーとセシリア・チャンだが、5月末には離婚の危機が報じられた。なんでも、セシリアが台湾からの機内で偶然エディソン・チャンと会った時に、仲良く話していたことをニコラスが報道で知り激怒したのだと → ココ

【追記2】
2011年10月29日から新宿武蔵野館で公開予定。

綫人 The Stool Pigeon (2010)

Directed by Dante Lam
Starring  Nick Cheung, Nicholas Tse, Lummei Kwai
Duration 112 mins

26-May-11-Thu by nobu

密告者 (綫人)[Blu-ray](香港版)

P0013931350

« 「關雲長 The Lost Bladesman (原題)」 ドニー・イェン / チアン・ウェン | トップページ | 「ランゴ」 RANGO ジョニー・デップ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画 2010年」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 「關雲長 The Lost Bladesman (原題)」 ドニー・イェン / チアン・ウェン | トップページ | 「ランゴ」 RANGO ジョニー・デップ »