2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon Music Unlimited

無料ブログはココログ

« 「クレージーキャッツ クレージー・ナイト!」開催 第3回したまちコメディ映画祭in台東 | トップページ | 『精武風雲・陳真(レジェンド・オブ・ザ・フィスト: ザ・リターン・オブ・チェン・ゼン)』 (予告編) ドニー・イェン Legend of the Fist: The Return of Chen Zhen - Trailer »

2010-08-16

『ベスト・キッド』 THE KARATE KID ジャッキー・チェン + ジェイデン・スミス

Odoru1608102

中一の娘と映画『ベスト・キッド』”The Karate Kid” へ行った。香港でも2010年8月5日から公開になっているが、香港島の映画館では2週目から軒並み上映回数が減ってしまってて、あせって日曜日の朝一番で行って来た。

娘は最初、あんまり乗り気じゃなかったのだが、大好きな嵐の番組「嵐にしやがれ」でおすぎが推薦しているのを見て「行く」と言い出したのだった(笑)

映画の評価は、アメリカのサイトなどを見ても、そこそこだったので、あまり期待しないで行ったが、何が何が、コレはとっても面白く感動的な映画だったのだ。
まさか、こんなおっさんのぼくが、12歳の黒人少年、ジェイデン・スミス君から勇気をもらうとは思わなかった(笑)

父を亡くした12歳の少年ドレ(ジェイデン・スミス)。自宅のアパートの柱に傷をつけて成長を記録してきたが、今日が最後の書き込みだ。自分の背たけのところへ線を引き「中国へ引っ越し」と書く。
母と二人北京へ移住したドレは、初日に公園で出会ったかわいい少女となかよく話をする。そこへ中国人のいじめっ子チョンたちがやってきて、ドレは殴られる。
次の日、初めて新しいインター校へ行ってみると、そこにはあのいじめっ子チョンがいるではないか…。

逃げてばっかりいたが、ついに捕まりまた殴られそうになるドレ。そこへ、アパートの管理人であるハン(ジャッキー・チェン)が現れ助ける。自分では殴らず、6人の相手をやっつけたハンは、実はクンフーの達人だったのだ。
その日以来、クンフーを教えてもらうドレ。そして、ついに宿敵チョンとクンフー・トーナメントで戦う時がやってきた…。

Odoru1608106

この映画は、1984年に『ロッキー』のジョン・G・アビルドセンが監督した傑作『ベスト・キッド』のリメイク。なので、オリジナルと比較される不幸はあるが、この映画単体を素直な目で見れば、決して悪くない映画である。

オリジナル版は、いじめられっ子のラルフ・マッチオが、ノリユキ・パット・モリタ演じる日系人から空手を教わり、いじめっ子をやっつけるというモノ。プロットは当然ながら同じである。だが、オリジナルは、原題通り”THE KARATE KID”だったが、今回は舞台を北京にし、空手ではなく中国武術を教わるので、”KUNG FU KID” という方が正しいかもしんない。(ちなみに香港・広東語の題名は『功夫夢(Kung Fu Dream)』である)

この2010年版も盛り上げ方がアビルドセン・タッチでいい。アビルドセン・タッチというと知らない方も多いだろう。だってコレぼくがつけた名前だからね(笑)
簡単にいうと『ロッキー』で見せたような、最初は、腕立て伏せなど、トレーニングしても全く出来ない主人公が、真面目に過酷な訓練に取り組み、映画後半では、それを簡単にやってのけてしまう(そしてそこに感動的なビル・コンティのような音楽が流れる)という努力の跡を見せる手法。これを、ぼくはアビルドセン・タッチと読んでいるのである。

Odoru1608105

オリジナルは、当初、鈴木清順の『けんかえれじい』の焼き直しやな、と思ってたが、アビルドセン・タッチで見事な傑作になっていた。ヒットしたので、パート4まで出来たが、これはやはり、ヤリ過ぎである(笑)

製作者でもある、両親(ウィル&ジェイダ・ビンケット・スミス)の期待に応え、ジェイデン・スミス君の奮闘ぶりは立派なものだ。足がよく上がってるのには感心した。顔立ちはキレイだが、父親ゆずりの愛嬌のある表情も好感がもてるね。
ジャッキー・チェンも、自身の見せ場は抑えて、クンフーの師匠に徹してるのがいい。
いじめっ子のチョン君(ワン・ツェンウェイ)は大仁田厚にそっくりだ(笑)。バイオリンを弾く女の子メイ(ハン・ウェンウェン)もとびきり美人じゃないが、かわいい。二人の七夕の恋物語もサイド・ストーリーとしてイイ感じ。

劇場内は、香港人と西洋人が半々という客層だったのだが、ジェイデン君の中国語では香港人が笑い、ジャッキーの英語では西洋人が笑ってたのが可笑しかった。

しょぼくれた親父のジャッキーが、自身の「弱み」を弟子であるドレに見せつける場面は、人種を超えた、師匠と弟子の人間的な繋がりが描かれ胸を打つ(そこで影絵になるところが心憎い)。

ラストの戦いの場面では、久々にじーんと来た。ここもオリジナル版同様、根性と東洋哲学の継承である。

これは大人も子供も楽しめる夏休みに必見の映画じゃなかろうか。いじめられっ子もこれを見て、ドレ君のように「行動」を起こしたら、強くなれると思う。人生で一番大事なことは「行動すること」だからね。って、我が娘はクンフー習いたい、と云いだすし…(爆)

The Karate Kid (2010)

Director : Harald Zwart
Cast : Jackie Chan, Jaden Smith
Duration : 132 mins

16-Aug-10-Mon by nobu

« 「クレージーキャッツ クレージー・ナイト!」開催 第3回したまちコメディ映画祭in台東 | トップページ | 『精武風雲・陳真(レジェンド・オブ・ザ・フィスト: ザ・リターン・オブ・チェン・ゼン)』 (予告編) ドニー・イェン Legend of the Fist: The Return of Chen Zhen - Trailer »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画 2010年」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 「クレージーキャッツ クレージー・ナイト!」開催 第3回したまちコメディ映画祭in台東 | トップページ | 『精武風雲・陳真(レジェンド・オブ・ザ・フィスト: ザ・リターン・オブ・チェン・ゼン)』 (予告編) ドニー・イェン Legend of the Fist: The Return of Chen Zhen - Trailer »