2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon Music Unlimited

無料ブログはココログ

« 『精武風雲・陳真(レジェンド・オブ・ザ・フィスト: ザ・リターン・オブ・チェン・ゼン)』 (予告編) ドニー・イェン Legend of the Fist: The Return of Chen Zhen - Trailer | トップページ | 『E.YAZAWA ROCK』 [Blu-ray] 矢沢永吉 »

2010-08-18

NHK「夏休み・お金をテツガクしてみよう」を見た。矢沢永吉×糸井重里トークライブ

矢沢永吉のドキュメンタリー映画『E.YAZAWA ROCK』を、日本へ一時帰国した時に買って来た。2010年8月14日(土)の夜、この映画を見ようとテレビをつけたら、ちょうど糸井重里さんと永ちゃんのトークライブ「お金のことを、あえて」をNHKでやっていた。

これ面白かったな。永ちゃんも糸井氏も会社の社長という立場で、「お金」に関する考えを語って行く。経営者のはしくれとして、ぼくにもうなずける話が多かった。

見逃した方用に、主催者である糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」でダイジェストが見れる →「お金のことを、あえて。」を振り返る

矢沢永吉という人をぼくが好きになったのは、高校の時に友達に借りて聞いたLP「スーパーライブ日本武道館」がきっかけだった。それから雑誌のインタビューなどを読み、人物としての矢沢永吉を知るにつけ、彼の人一倍強い上昇志向が、”二流高校”しか入れずコンプレックスをもっていた当時のぼくを元気にしてくれたのだ。「そんなコンプレックスなんかくそくらえ!自分でドアを開けろ!」と。

学歴など持たなくとも、一流会社へ入らなくても、己の力だけで大金持ちになれる。そのことを実際にやって見せてくれた。それが永ちゃんだった。

矢沢永吉氏の著書(実際は糸井重里氏が編纂したようだが)『成りあがり』『Are You Happy?』を読んでもわかるが、永ちゃんは、キャロルを解散し、ソロ活動を始めた時からエージェントに属さず、自分で自分をプロデュースしてきた。そして著作権も早くから管理し、遂には海外のアーティストを日本へ呼ぶことも会社として可能にし、舞台製作も自ら行って来た(そして現在では自分のレーベルも持っている)。

1970年代以降、こんなアーティストは彼をおいて他にいなかった。矢沢永吉という人は、日本のロックをここまでメジャーにしたフロンティアであると同時に、アーティストとして「搾取されない」形態を業界の中で初めて確立したフロント・ランナーでもあったのだ。

永ちゃんのやり方以降、アーティストたちは、同じようなやり方をして、金持ちになっていった。日本に「ビッグなアーティスト」が次々に出現できたのは永ちゃんのおかげ。そう思わせるほど、彼のやってきたことは革新的だったのだ。

だが、アーティストと社長という二足のわらじを履くのはしんどいことだ。側近の裏切りから35億円という多額の借財を背負わされた時の心境もこの番組で吐露していたが、そこから逃げずに正面きって借金を返済したのは本当にスゴいことである。「自分でケツをふけ」と永ちゃんは云う。これってそれだけのことをやった人にしか云えないセリフだよね。

そんな永ちゃんが「子供にお金の話をするか?」と聞かれて答えたのが、「いつも同じことばかり子供に云うんですが…」と前置きして「お前たちには敵がいる」「油断したら、それはいつかお前たちに牙を剥いてやってくる」「その敵とは、”苦労をしてない”ことだ」と話していると云う。

これって、生活保護を受けながら、おばあさんに育てられ、テメエで金を稼いできた永ちゃんの偽らざる気持ちだろう。

ぼくが、強烈に覚えてる永ちゃんのエピソードは、子供の頃、貧乏でケーキなんか食べられなかった彼は、金持ちの子に「ほらやるよ」とケーキを投げつけられた。永ちゃんはその時どうしたか? ケーキを投げ返さず、なめたという。それが「貧乏」なんだ、と。

永ちゃんがここまで「ビッグ」なアーティストになったのは、その才能が一番ではあるが、心底貧乏から脱却したいという、その人並み外れたハングリー・スピリットがあったからだと思う。
だが、お金に執着するのではなく、そのお金を上手に廻してここまで会社をやってきた矢沢永吉という人は、他の職業についても、おそらく成功しただろう。そのことを改めて感じたトークだった。

で、その後、映画『 E.YAZAWA ROCK』を見たが、これがとんでもない代物だったのだ。その話は次回に!

「夏休み・お金をテツガクしてみよう」
NHK 総合テレビ 2010年8月14日(土) 23:30 - 24:13 放送

18-Aug-10-Wed by nobu

« 『精武風雲・陳真(レジェンド・オブ・ザ・フィスト: ザ・リターン・オブ・チェン・ゼン)』 (予告編) ドニー・イェン Legend of the Fist: The Return of Chen Zhen - Trailer | トップページ | 『E.YAZAWA ROCK』 [Blu-ray] 矢沢永吉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

見ました、よかった
面白かったですね
録画したので、都度都度みようかと
思った番組でしたね

>西畑哀無さん

コメントありがとうございます。
ぼくは録画できなかったので再放送を望んでいます。
本当に面白い番組でしたものね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

» お金をテツガクしてみよう(哲学)&浜田省吾「Money」 [西畑哀無BLOG]
お盆休みにNHKで放送した特別番組「お金をテツガク」してみようご覧になった方はお見えでしょうか?企画・司会は コピーライターの糸井重里さんゲストに矢沢永吉さんを迎えて糸井重里が行った「お金」のトークイベントを中心に高橋源一郎さんによる格言西山茉希さんが課題に...... [続きを読む]

« 『精武風雲・陳真(レジェンド・オブ・ザ・フィスト: ザ・リターン・オブ・チェン・ゼン)』 (予告編) ドニー・イェン Legend of the Fist: The Return of Chen Zhen - Trailer | トップページ | 『E.YAZAWA ROCK』 [Blu-ray] 矢沢永吉 »