« 「談志映画噺」 立川談志(著) | トップページ | 映画 「オーストラリア」 Australia »

2009-01-09

「巴里のアメリカ人」 Blu-ray An American in Paris MGMミュージカル

巴里のアメリカ人 [Blu-ray]
巴里のアメリカ人 [Blu-ray]

Odoru0901092_3 映画「巴里のアメリカ人」('51) "An American in Paris"のブルーレイが日本で発売(2008年11月5日・DVDもアリ)された。昨年日本へ一時帰国したときに買って来た。
云わずと知れたMGMミュージカルの中でも屈指の出来の一本で、何度観ても飽きない傑作。ぼくは、この作品はLD(日本版、北米版)DVD(日本版)も持っている。好きな映画の一本なので、新しいメディアが出る度に買い直しているのだ。
画質はその都度向上しているが、今回の超解像度デジタル・トランスファーによるBlu-rayは(当然のことながら)見事に美しい。この作品は全編ハリウッドのセット撮影なのだが、アート・ディレクション(アカデミー賞受賞)の隅々までくっきり見える。この映像でこの映画を初めて観る人にジェラシーを感じるほどだ。

楽曲全てがアイラ&ジョージ・ガーシュウィンのものである本作は、「ガーシュウィン・ソングブック」と言ってもいい。製作のアーサー・フリードは、作曲家の伝記ものとしてジェローム・カーンの「雲流るるままに」('46)、リチャード・ロジャース&ローレン・ハートの「Words and Music」('48)を作っていたが、ガーシュウィンものは既に伝記「アメリカ交響曲」(原題:ラプソディ・イン・ブルー)('45)があったために、違ったアプローチで本作を製作した。ジョージ・ガーシュウィンの交響曲「巴里のアメリカ人」をモチーフに新たなプロットで、楽曲も無理なく入れてある本作の構成は見事だ。"Love is Here to Stay" "S' Wonderful" "An American in Paris" 等々。MGMグランド・オーケストラが奏でる楽曲も良いが、ダンスも最高である。特にケリーが子供たちと踊る"I got Rhythm"の楽しさったらない。

第二次大戦が終わった後、パリへ住むことにした画家志望のアメリカ人ジュリー(ジーン・ケリー)。パトロンになってくれたお金持ちの女性ミロ(ニナ・フォック)と一緒に行ったナイトクラブである女性に一目惚れをする。なんとかダンスへこぎつけた彼女の名はリザ(レスリー・キャロン)。デートを続けるうち二人は恋に落ちるが、彼女はジュリーと同じアパートに住むアメリカ人の音楽家アダム(オスカー・レヴァント)に紹介されたフランス人歌手アンリ(ジョルジュ・ゲタリ)のフィアンセでもあったのだ…

ジーン・ケリーと云えばこの映画と、ミュージカル映画の金字塔「雨に唄えば」('52)が双璧であるが、この「巴里のアメリカ人」の方が人気がないのは、おそらくストーリーがちと暗めだからだろう。若い頃は、主人公たちはハッピーエンドになり良かった良かったと思ったのだが、トシを取って観ると、その気にさせられて身を引かなきゃならないアンリとミロはお気の毒だこと、と思うのだ。
「雨に唄えば」が明るく楽しい「ミュージカル・コメディ」であることを考えると、この「巴里〜」は楽しい場面も多いのだが、ドラマ・パートが現実的なこともあり、テイストがいささか異なる。
更に違いを言えば、こっちはバレエ、「雨に唄えば」はタップダンス主体というところだろう。

Odoru0901094_2 この「巴里のアメリカ人」の一番の見所は、有名なラスト17分半にも及ぶバレエ・シーンである。ここでは、ユトリロやロートレックなど印象派の絵をバックに、ケリーと当時19歳のフランスから来た新人レスリー・キャロンが見事なダンスを見せる(キャロンは動きが少し遅れるが・笑)。アメリカのタップダンスとヨーロッパのバレエが融合し、絵が動き出すというアイデアと共に映画を芸術の粋に高めた素晴らしいフーテージであることに異論はない。振付のジーン・ケリー(及び監督のヴィンセント・ミネリ)の実験的な挑戦が見事成功したといえる。

だが、この成功がケリーのバレエ志向に拍車をつけ「舞踏への招待」('56)という実験的ではあるのだが、失敗してしまう作品をも生み出してしまう。振り返ると、ケリーのキャリアのピークは40年代後半から50年代前半だったとわかる。そしてそれはフリード・ユニットをはじめとする芸人ミュージカルのピークとも重なるような気もしている。

このBlu-rayには、本作のメイキングと共に2002年製作の「ジーン・ケリー:ダンサーの肖像」"Anatomy of Dancer"も収録されている。約1時間半のこのケリーの半生を見せる上出来のドキュメンタリーはぼくは数年前にDVDで購入して見ていたが、今回再見して、アステアのエレガンスな踊りと比較して「労働者の踊り」と揶揄されるケリーの踊り方は、重心を低くするので余計に力強く、その上半身の筋肉もあり、より男性的に見えるのがわかった。ひょっとしたら、ケリーのバレエへの傾倒は、じつはソフィスティケイティッドなアステアに対抗したものだったのかも知れないな、と想像したのだった。
(余談だが、このドキュメンタリーのインタビューに今ヒットしている「ハイスクール・ミュージカル・シリーズ」の監督・振付をしているケニー・オルテガが出てくる。我が家の11歳の”ハイスクール・おたく”の娘が見てて、「若いし!それに太ってないし!」と言ったのが可笑しかった)

ぼくがこの「巴里のアメリカ人」を初めて観たのは、70年代初頭、確か小学校6年の時、TBS系の「月曜ロードショー」で放映した時だった。田舎の中学の元音楽教師だったミュージカル好きの母と姉と一緒に観た。解説の荻昌弘さんが「午後10時前後だと思うが(9時から11時までの放送なので)オスカー・レヴァントのピアノが素晴らしい」と話し、実際にそうだったので「凄いや!」と思った記憶がある。

Odoru0901093 その頃我が家は本屋を経営していて、母親はいつも店番をしていた。そこで月刊誌「ロードショー」のTV映画グラフを見て、ぼくは「ともさとのアメリカ人」と読んで、母と姉に大笑いされた。姉に「漫画家の巴 里夫(ともえさとお)は"パリオ"と呼ぶでしょ?」と教えられたのだった。

その後「ザッツ・エンタテインメント」('75)にハマりにハマりミュージカル好きになったぼくは、この「巴里のアメリカ人」を地元の深夜TVで再放送したときにカセット・テープに録音して何度も何度も聞いた。だからぼくの頭の中ではこの映画のジーン・ケリーの声は(当時若手だった)江守徹さんなのだ(笑)。演技が達者なだけに吹替もうまいんだな、これが。

高校生の時、井上ひさし著「青葉繁れる」という映画好きだが劣等生が主人公という、「まるで俺!?」の世界を描いた50年代の仙台を舞台にした傑作青春ものの本を読んでいたら、デートの時、主人公に女の子が「『巴里のアメリカ人』観たべ?」というくだりがあり、公開当時の雰囲気が伝わり面白かったのを思い出す。

社会人となり、1985年か86年だったと記憶しているが、新宿の名画座ミラノでMGMミュージカル「雨に唄えば」「巴里のアメリカ人」「略奪された七人の花嫁」が連続上映された時にも観に行った。今でも覚えているが、「雨に唄えば」へ行ったら、受付で「フタ(ドア)が閉まらないほど満員」と言われ、日を変えて観に行ったのだ。古いMGMミュージカルがそんな大ヒットした時代もあったのである。

ジーン・ケリーで思い出深いのは、縁あって90年代後半レーザーディスク「ジーン・ケリー・コレクション」(「踊る大紐育」('49)「ブリガドーン」('54)「いつも上天気」('55)とケリーの名場面集など特典映像満載のLD Box)のライナーノートを少し手伝わせてもらったことがある。ケリー・ファンにはたまらない名盤と今でも思っているが、あんま売れなかったらしい(苦笑)。なので、いまでは「幻の名盤」と云っていいのではないか?と勝手に思っているのだ(笑)

ガーシュウィンの名曲とバレエとタップと印象派の絵画の融合。この「巴里のアメリカ人」が1951年度のアカデミー作品賞を含む6部門で受賞したのも、まだアメリカ人に根強かったヨーロッパ・コンプレックスがあったからだろうとこれも勝手に解釈しています。でも必見のミュージカル映画であることは間違いなし。Hi-Def映像でぜひ!

An American in Paris (1951)

1080p High Definition 4X3 1.33: 1
Dolby Digital 1.0
113 mins

(Amazon.comで調べたら北米版ブルーレイはまだ発売になってないのですな。日本の方が先とは!)

« 「談志映画噺」 立川談志(著) | トップページ | 映画 「オーストラリア」 Australia »

映画 1950年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214085/43682906

この記事へのトラックバック一覧です: 「巴里のアメリカ人」 Blu-ray An American in Paris MGMミュージカル:

« 「談志映画噺」 立川談志(著) | トップページ | 映画 「オーストラリア」 Australia »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ