トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007-05-31

TVドラマ版 『カジノ・ロワイヤル』 (1954)

Barry_nelson_1 初代のジェームズ・ボンドは誰か知ってますか?ショーン・コネリー?違います。正解は、バリー・ネルソン。

って、誰?って皆思うでしょう。あんまり有名な人じゃないしね。僕も『大空港』で、子供が7人だかいる話をディーン・マーティンにする副パイロット役くらいしか覚えてない。

その人が1954年に初めてジェームズ・ボンドを演じたのが、この『カジノ・ロワイヤル』。アメリカのTV番組「CLIMAX!」の一話として放送されたものです。

ストーリーはほぼ映画と同じだけど(原作が一緒やから)、1時間もののTVなので、ホテルのカジノでのシーンが殆ど。ボンドがソ連がらみの人間とカードで大勝負するという話。違いは元カノ(リンダ・クリスティアン)が最初から悪い方についていることと、勝負の仕方が「バカラ」でした。

当地のMGMチャンネルでやったので、録画して観たのだけど、レストアされてないのでモノクロ画面も音も悪い。けど、結構面白かった。『カサブランカ』でおなじみのピーター・ローレが悪役のル・シッフルを嬉々と演じてて、にんまりしちゃった。

初代は服装も姿も、あんまりかっこよくないんだな、これが 。それに、ウォッカ・マティーニ(通称ボンド・マティーニ)を飲んでなかったぞ!ウイスキー&ウォーターを注文してた(笑)

"CLIMAX!" Casino Royale (1954)

2007-05-30

『ボラット』DVD

香港では3月に発売されたDVDで、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』を観る。

バカバカしいのが大好きな僕も、ちょっと乗れなかったな。アメリカも、カザフスタンも両方共馬鹿にしている感じがして… それに、善良な人たちを不快な気分にさせることで笑いをとっているのも乗れなかった理由の一つ。

ペットショップで、亀を見て、「これはなんていう種類の犬ですか?」と真顔で聞いているのはちょっと笑えたけど。

このDVDには、本編に入っていない8つのフーテージが特典映像として収録されている。素っ裸でマッサージ受けたり、医者に変な質問したり、セクシーなイメージビデオ作ってたりと、本編同様の無茶ぶりである。これらは「カザフスタン当局の検閲により削除されたもの」だって(笑)。

Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan (2006)

2007-05-29

『ハスラー』 DVD スペシャル・コレクターズ・エディション

引退を表明したポール・ニューマンだが、彼の出演した映画の中で何が一番好きかと聞かれたら、この『ハスラー』を選ぶだろう。

ロバート・ロッセン監督の『ハスラー』は何度見てもかっこいい。モノクロの画像。粋なタイトルバック。ジャズ。ビリヤード。酒と煙草。ミネソタ・ファッツの服装…

このDVDは昨年発売された2枚組のコレクターズ・エディション。本編のほかに、特典映像として「The Making of the Hustler」「The Hustler: The Inside Story」「Paul Newman: Hollywood's Cool Hand」等が入っている。そのインタビュウに答えるポール・ニューマンを見ていると、おじいさんになったなあ、と思わされる。引退表明の報道を見ても納得が出来る老けっぷりであった。

最初にこの映画を観たのはTVだった。トリミングされた画面ではビリヤードの球の行方がわからず、「え?なになに?」状態で、数十年たってノートリミングのDVDで観て、納得した次第。ホント、罪な話でっせ。

The Hustler (1961)

2007-05-28

カンヌ映画祭とMr.ビーン

河瀬直美監督作品のグランプリ受賞や、北野武、松本人志監督が現地入りして話題になった60回目のカンヌ映画祭だけど、香港では、ウォン・カーウァイ監督の作品がオープニング上映されたというニュースをTVで見たくらいでありました。

Mrbeansholiday200

カンヌというと思い出すのは、4月に観たMr.ビーンの新作『Mr. Bean's Holiday』ですな。
今回は、ビーンが教会のくじで当てた南フランス旅行を楽しむという話なので、映画の中で、カンヌが出てくるのです。
とある監督が映画祭で新作を上映する。場内はスノッブな面々で満員。監督も真ん中に座り映画が上映される。けど、これが思わせぶりなだけの映画で監督以外は退屈でみんな寝ちゃうのだ。
この映画監督を演じているのが、ウィリアム・デフォー。一人だけ満足げな顔をして画面を見つめてるのが結構可笑しかった。

で、映画はというと、前作『ビーン-BEAN』が面白くなかったので、今回も期待してなかったのだが、意外に善戦してた。
ビーンがフランス語が話せないので、言葉に頼らない笑いが自然に出来るから無理なく観れる。
といっても、「ウイ」と言ったあと、ありがとうを「グラシアス」と言ったりして小さい笑いをとってたけどね。

Mr. Bean's Holiday (2007)

映画 『レーサー』DVD

『グラン・プリ』に触発されたのか、自身もレーサーのポール・ニューマンがインディ500を舞台に作ったのがこの『レーサー』である。
これも日本ではDVDが発売されていないが、それは観れば理由がわかる。
あんまり面白くないのだ(笑) レースシーンも迫力がもう一つだし…ドラマも、結婚したバツイチ女性(ジョアン・ウッドワード)がライバルのレーサー(ロバート・ワグナー)と寝てしまい、ニューマンが、悩む、悩む…というもの。
PIXERの『カーズ』の迫力あるレースシーンを観てしまうとこの映画のような実写は観るのがちとつらいと思う。あと、F1のTV中継を見ても、臨場感が凄いしね。だから日本では発売されないのは賢明かも、と思う。
このアメリカ版のDVDでも、売り文句が、「リチャード・トーマスの映画デヴュー!」だからね。知ってますか?Richard Thomas?70年代初頭にTV『わが家は11人』でちょこっと人気があったお兄さんです。

今朝の朝日新聞(国際版)にポール・ニューマンが現役引退を表明したことが載っていた。もし本当なら『カーズ』の昔の花形レーサーの声が最後になる。

この報道を読んで、かつて名車と呼ばれたスポーツ・カーが、ビンテージ・カーとなり、今は静かに車庫で眠っている、というイメージが頭をよぎった。引き際もかっこいいな、ポール・ニューマンは。

Winning (1969)

【追記】 「レーサー」のDVDはユニバーサルのリクエストムービー第一弾として、2008年8月7日に日本でも発売された。よかったね。

2007-05-27

映画 『グラン・プリ』DVD

Grand_prix_1 『グラン・プリ』のDVDが昨秋('06)に発売された。日本でもすぐに発売になると思っていたが今のところ予定は聞いていない。
1974年だったと記憶しているが、東京12チャンネル(現TV東京)の木曜洋画劇場にて前編・後編にて放送された。僕は田舎に住んでいたので、数週間後に地元の放送局で夜中にやったので観ることが出来た。
トリミングされた映像でモノラル音声であったが、当時中学生の僕にはとてもかっこよく映った。
今回のDVDは待ちに待ったものである。映像は65ミリのネガからデジタル・トランスファー。音声はドルビーデジタル5.1にリマスターされている。
深夜、家族が寝てから一人で観た。AVアンプのスピーカーを通さずにあえてヘッドホンで聞く。序曲「グラン・プリのテーマ」が終わり、ソール・バスのかっちょいいタイトルバック。そしてモナコ・グラン・プリ。F1の爆音。CGなしの迫力のレース画像。しびれたぜ。
ジョン・フランケンハイマー監督は、現代文明の象徴である"車"を、自然の中を走らせ、まるで自然界に元々あったもののように描く。自然と文明の共存。素敵な映像だ。
この映画の製作前に、スティーヴ・マックイーンが出演を直訴したが、フランケンハイマーが「私が必要なのはレーサーではなく演技者だ」と断ったという記事を、僕は月刊誌「スクリーン」か何かで読んだ記憶があったのだが、今回のDVDの特典映像のPushing the Limit: The Making of Grand Prixによれば、監督はマックイーンを熱望していたが、ダメだったとのこと。ジェームズ・ガーナーには悪いが、マックイーンならとっくに日本でもDVDが出てるだろうに、と思った。
我らが三船敏郎は、英語デヴューだが、明らかに吹替とわかる。
日本でDVDが発売されることを期待してます。その時は木曜洋画劇場の時の吹替付きを希望(たしか三船の声を森山周一郎が演ったやつ)。そしたら即買いですな。

Grand Prix (1966)

DEATH NOTE 死亡筆記

713186 香港は今朝早くから雷が鳴って不安定な天気。
子供たちが観たいというので『デスノート』のDVDをまた観る。
当地でもこの作品は大人気で、映画もほぼ日本と同時期に公開された。
金子修介監督なので期待したが、原作の方が…って感じでしたね。
藤原龍也が頑張り過ぎ、Lの松山研一はいいね。
このDVDの値段はHMVで一枚HKD120 (約1800円)。
こちらでの題名は、
『死亡筆記』Death Note
『死亡筆記 - 最後的名字』Death Note - the Last Name でした。

はじめまして

初めてブログやってみます。
まだ使い方がよくわかりません。
よろしく。

トップページ | 2007年6月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ